自己破産以外の債務整理

弁護士自分自身で借金の返済ができなくなってしまったら、様々な返済方法を駆使して弁護士と一緒になって借金問題を解決していきましょう。借金返済の債務整理の中で自己破産が知られていますが、自己破産は様々なデメリットもあるので、自己破産以外の方法で借金返済をする人もいます。

債務整理の中で知られているのが「任意整理」です。この任意整理はお金を貸す側と話し合いをして借金の金額を減らしてもらう方法です。自己破産のように借金が帳消しになるわけではありませんが、返済期間が長くなり余裕がでるので、確実に負担を感じることなく返済することができます。

2つ目は簡易裁判所を利用した返済方法で「特定調停」というものがあります。裁判所が仲介してくれて借金お返済負担を減らしてくれますし、将来発生する利息もカットしてくれます。自己破産しないで借金を返済したいと思っている人は特定調停がおすすめです。

3つ目の借金返済方法は「個人再生」です。この個人再生は原則として借金を5分の1に圧縮してくれて、残っている借金を3年から5年の期間を使って返済していく方法です。この方法は自己破産と同じで、裁判所に申し立てをして手続きをします。この手続きは弁護士もしてくれます。